大型特殊

大型特殊免許とは

大型特殊イメージ画像

フォークリフトやクレーンなどの特殊な車を公道で運転するために必要な免許です。
工事現場や建設現場、工場内などでの作業をするためには、改めて資格が必要になるので注意してくださいね!
無資格のままで工事現場などで作業を行うと罰金をかせられますので大型特殊の免許と作業を行うための免許の両方を取ってください。

大型特殊免許で運転できる自動車

カタピラ式や装輪式など特殊な構造をもち、特殊な作業に使用する自動車。

  • エンジンの総排気量:1,500cc以上のもの
  • 最高速度:15km/h以上のもの
  • 長さ・幅・高さ:長さ4.70m、幅1.70m、高さ2.00m以上のもの

大型特殊免許の入校資格

年齢制限
満18歳以上
身体条件
  • 視力
    両眼0.7以上、片眼0.3以上(眼鏡、コンタクトレンズ使用可)
    片眼の視力が0.3に満たない場合は他眼の視野が左右150度以上で視力が0.7以上であること
  • 色彩識別
    赤・青・黄の3色の区別が出来る方
  • 聴力
    普通の会話が聞き取れる方(※補聴器可)
  • 学力
    普通の読み書きが出来る方
  • 身体
    自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないこと
  • その他
    身体条件に不安がある方は事前に運転免許試験場で適正相談を受けてください。